こんにちは!

「みんなで食べよ!~おうちごはん」の川津由紀子です!


ワンダーシェフさんから2022年3月に発売された
電気圧力鍋「楽ポンnoogeヌージュ」!

IMG_2672


モニター使用させていただいていますが
電気圧力鍋の機能や使いやすさはもちろん、
楽しみにしていたのが温度調理できる機能!

25度〜70度まで温度と調理時間の設定ができるのです!

温度を一定に保つよう管理してくれるので
これがあれば温泉玉子や鶏ハムなど低温で調理するものが
手軽に作れちゃうんです!


これで作ってみたかったのがローストビーフ!

pTRzQl5iMmikhT41650027768_1650027789



ローストビーフ、寝かせて予熱で火を通すのは
ちゃんとできてるのかいつも心配で、、

最近は低温調理器で作っていたんですが
低温調理の機能もついてるので、これ一台で済んじゃうてことです!


中は綺麗なローズピンクですが、ちゃんと火が通っているので大丈夫です! 

今回はとことん楽なレシピにしてみました!
時間はかかっているけど、ほぼほったらかしなので
調味料で下味つけるのと、最後に焼き色つけるだけ!

楽なのにご馳走ができちゃうレシピとなっております♪


楽ポンヌージュで作るローストビーフ  

xPi4cdCnPPNoMS41650027863_1650027878


【材料】

牛もも肉    500g2本
マキシマム   大さじ2

*マキシマムはスパイスなど合わさった調味料です。
クレイジーソルト、ハーブソルトなどお好みの調味料でどうぞ。
塩胡椒でもオッケーです。 

【作り方】

1.牛もも肉は長ければ鍋の内釜に入る大きさに切り、
マキシマムなど調味料をよくもみ込む。

IMG_2674


2.ビニール袋に1牛もも肉を入れて空気を抜いて袋の口ををしばる。
肉を入れた袋と水を内釜に入れる。MAXの線を超えないように注意する。


IMG_2676


3.温度を57度、時間を3時間にセットしてガラスふたをして調理スタートボタンを押す。
あとは温度が上がってから3時間のタイマー終了を待ちます。

注意:圧力ふたはしません。付属のガラスふたを使っています。

お湯の表面から肉が出るようなら小さめの耐熱皿を上に置いて肉が浮かないようにしてください。

IMG_2675


4.調理が終了したら袋から取り出し、牛もも肉の表面に焼き色をつけます。
各面約1分ずつ焼きます。

1gC3BPdcnf5yTj71650027959_1650027975


5.あとは一旦冷蔵庫で2時間以上冷やして切り分けます。
冷えている方が薄く切り分けやすいです。

お好みの野菜や市販のソースを添えて召し上がってください。
わさび醤油、塩わさび、ポン酢もおすすめ!

yJUsvZkLB511SIZ1650027901_1650027926

  
綺麗な色に仕上がっています〜!


メーカーさんレシピでのおすすめは国産の牛もも肉ですが
今回のはオーストラリア産の牛モモブロックを使っています。

輸入物のもも肉は赤身で脂肪分が少なく、
我が家のように筋トレしてる人がいたり体重増やしたくない人は
脂肪分が少ない赤身がいいですよ。

低温調理のおかげでとっても柔らかく仕上がります。

豪華にしたい時にはサシの入った美味しい国産、
普段はヘルシーな赤身、と使い分けてもいいですね!

uNX1TUqjTny76gy1650027815_1650027835



こちらの電気圧力鍋、シューシューという蒸気の音もほとんどしないし
圧力鍋以外の機能も充実しています。

ふたの開け閉めもとっても簡単にできるようになっているので
圧力鍋初心者産や新婚さんにもお勧めしたいです。
レシピ本もついてきますよ!

詳しくはこちらから↓





pTRzQl5iMmikhT41650027768_1650027789




FullSizeRender


FullSizeRender





ブログが更新されるとLINEでお知らせが届きます。

読者登録お待ちしています!










ネクストフーディスト










 

日本ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックしてくださるとうれしいです。
一日1クリックでランキングが上がる仕組みです。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ